【安全なヘアカラーを続けるために】本当は怖いヘアカラーの残留物質~過酸化水素編〜

ヘアカラーは後処理がとても重要!!

前回のヘアカラーの残留薬剤除去のアルカリ編の続き!
また難しい話か~と思ったそこのあなた、その通りです。

でも、とっても大事なことなので皆様に知って頂きたい!という思いです。

実はヘアカラーは施術後の後処理がとても大事。

これを疎かにしてしまうとこんなことが起きてしまいます。

  • 活性酸素の発生で地肌の老化、白髪の原因に
  • 髪と地肌にダメージを起こし続ける
  • 地肌のかゆみ、乾燥、ツッパリ感 などなど

残留物質とは?

ヘアカラーやパーマなどで使用する薬剤が、シャンプーだけでは落としきれず髪内部や地肌に残った状態のものを指します。

いくら強い洗浄成分でも、正しい化学反応を起こし除去しないと正常には戻らず、紫外線やアイロン、ドライヤーの熱などでよりダメージを進行させてしまいます。

ヘアカラー施術後すぐにケアすることで髪の艶やハリ、コシを保ちながら安全に継続できます。

過酸化水素って何だっけ?

今回は過酸化水素の分解についてです。
カラー剤は「アルカリ剤/色素」と「過酸化水素/脱色剤」の二種類の薬剤を混ぜ、化学反応を起こすことで髪を染めることができます。

先述の通り、過酸化水素についてなのですが、あまり馴染みがないのでナニコレ?って方もいらっしゃると思います。
別名でオキシドールなんて呼ばれて傷口の消毒液などにも使われていますね。
幼少期に転んで擦りむいた傷口に塗られて、転んだ時より痛~いアレです。思い出しましたか?

そう、つまり荒れてるお肌や頭皮に塗ると痛いんです。
ヘアカラーの施術中にピリピリと感じる方は、過酸化水素が原因の可能性があります。
痒みにつながるのは前回のお話に出てきたアルカリ剤か、色素に使われるジアミンが考えられます。

過酸化水素が残っているとどうなるの?

反応が終わった過酸化水素は残留すると活性酸素に変化しやすく、髪の毛にはメラニン色素を徐々に攻撃して明るくなりやすくなったり、地肌や髪の老化に繋がるとも言われています。(怖い、怖すぎる)

体感的には、ヘアカラー後の頭皮のツッパリ感、髪のキシみなどで硬さを感じます。

どうしたらいいの?

さて、この過酸化水素も髪を明るくするためにはどうしても必要なものなのですが、こちらも『残留薬剤除去』で分解可能です。

カタラーゼという酵素で過酸化水素を「水」と「酸素」に分けて無害にしちゃいます。(2H2O2→2H2O+O2

この酵素は身近なところでは、食用「数の子」の殺菌、漂白に過酸化水素→カタラーゼ(酵素)で分解→皆様の食卓へという流れで使用されているくらい安全なものなのです。

まとめ

アルカリ剤も過酸化水素も(現段階での)ケミカル施術には不可欠で負担もありますが、適切に処置することで数ヶ月後に大きな差が出てきます。
薬剤の多くが改良され一回のダメージは少なくなりましたが、蓄積すると思うとやはり無視できません
これからも私たちは続けられる施術をご提案致します。

残留薬剤除去トリートメントは髪や地肌のダメージをゼロにするものではありません。残しておくと後々、悪影響を与える物質を取り除くケア剤です。

neveではお客様への施術を担当した責任としてのヘアカラーのアフターケアをシャンプー時に必ず行なっております。

これにより髪の硬さが軽減され、自然な柔らかさを感じ、キューティクルが締まることでツヤ感がでてきます。
ヘアカラーは続けていきたいけど、負担をできるだけ減らしたい!という方は是非一度お試しくださいね!
薬剤を塗ってすぐピリピリ気になる方はスタッフまでお申し付けください。
保護オイルをしっかり塗布して軽減したり、地肌に付かないようにカラー剤を塗布致します。

ご予約・お問い合わせ

-営業時間-

9:00~18:00(最終受付時間パーマ、ヘアカラー16:00 カット17:00)

毎週月・火曜定休

-ご予約-

LINE ID : neve2561

TEL : 090-279-6900

※ お休み中は、お電話・LINEともに確認でき兼ねますのでご了承くださいませ。
営業日には、ご連絡を頂きました順に折り返しご連絡させていただきます。

-アクセス-

バンコク スクンビット33/1 BTSプロンポンから徒歩3分
60Bショップ「Watts ワッツ」向いのビル階段上がって2F
フジスーパー1からすぐ!

-neve hair salon-
2nd Floor 595/3-4 Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Rd, Klongton Nua, Watthana, Bangkok 10110

 

neve hair salonがLINE公式アカウントに登場!

お得な情報を受け取るには、上記リンクから友だち追加してください。

よかったらこちらもどうぞ…